ハクビシン被害事例

ハクビシンは屋根裏が大好き

屋根裏は住み着くための条件が揃っています。安全なことが分かるとすぐに子供を産みます。通常は木の上などに巣を作り出産をするのですが、カラスなどに食べられたりしますので勢いよく繁殖するような動物ではありません。ただし、屋根裏に潜伏されるとすべての個体が成長を遂げる結果、爆発的に増殖します。早いと住み着かれてから1か月もせず子作りを始めたり、天井にシミが現れ始めますので早めに駆除対策をしたいところです。4~5cmの隙間があればズルズルと入ってきますので油断できません。以下にはハクビシンによってもたらされる被害状況のご紹介をいたします。

ハクビシンが及ぼす被害

ハクビシンはどのような迷惑行為を行うのかまとめました。

農作物の被害
ミカン・リンゴ・ブドウ・柿・スイカなどを食べる甘いものに目がない。
生態系被害
小動物や昆虫などを大量に捕食するため絶滅の危機にさらされたり、生態系を乱す。
家屋被害
屋根裏で大量の糞尿をします。重みに腐りが加わり、天井が破壊される。木材を傷つける。
騒音被害
大きな音で走り回るので眠れない。
悪臭被害
糞尿や動物臭などの悪臭。
害虫被害
ウジ虫・ハエ・蚊・ダニ・ノミ・ゴキブリ・ムカデ・ゲジゲジ等の繁殖。
感染症被害
E型肝炎・サルモネラ症・アライグマ回虫症・疥癬・トキソプラズマに感染の恐れ。

屋根裏被害

被害を受けた断熱材はすべて撤去する必要があります。ベッド代わりにされ糞尿をかけられた結果、害虫や菌だらけとなります。ハクビシン駆除どっとこむでは汚い断熱材の撤去や交換も行います。

断熱材の被害

断熱材はペチャンコになりボロボロ。ダニやノミも入り込みます。

ハクビシンの糞その1

断熱材上の糞です。

ハクビシンの糞

何回も排泄している糞。

ハクビシンの糞その3

糞の山。この状況ですと糞と断熱材を全て片づけて殺虫・殺菌・消毒を行い新しい断熱材を敷くこととなります。

断熱材の被害

屋根裏全体写真。断熱材が全てボロボロです。




家屋被害

抜けた天井

糞の重みと腐りで天井板が破壊されます。

人体被害

屋根裏は暖かいため、汚いままでいると冬場でも害虫や菌は繁殖を続けます。ハクビシンに寄生していた菌が人体へ影響を与える被害は凄まじいものがあります。感染症にも注意が必要です。また、疥癬に罹った個体も多いので早めに対策しなければなりません。

ダニ被害

目には見えませんが天井のわずかな隙間から様々な菌が降ってきます。また喘息などの温床となりますので気をつけましょう。

ハクビシン駆除どっとこむは安心の成功報酬型0120-893-494